DEOWニュージーランド留学センター

留学先をお選びください
DEOWニュージーランド留学センター:初めての方へ DEOWニュージーランド留学センター:留学をお考えの方へ DEOWニュージーランド留学センター:カウンセリング予約 DEOWニュージーランド留学センター:無料見積もり DEOWニュージーランド留学センター:就職支援サービス
DEOWオーストラリア留学センター:専属のカウンセラーがご質問にお答えします
DEOWオーストラリア留学センター:フリーダイヤル0120-4192-09(ヨイクニオーク)
ホームに戻る
ニュージーランドの基礎知識
ニュージーランドの概要 生活情報 住まい お金について
学生ビザについて ワーキングホリデービザについて
お金について
通貨はN$ (ニュージーランド・ドル)とN¢(ニュージーランド・セント)。1N$=100N¢です。紙幣は5・10・20・50・100N$。硬貨は5・10・20・50N¢と1.2N$の6種類があります。交換レートは1N$=70〜75で推移しています。ニュージーランドは日本に比べて物価は安いです。また、GSTという日本の消費税にあたるものがあり、ほとんどの場合、内税方式になっています。普段お金を持つ場合はタクシーや電車に乗れるくらいのお金で十分です。 紛失しても再発行可能なトラベラーズチェック(以下T/C)の方がレートも現金よりお得ですし、無くしても再発行がきくので便利です。 ニュージーランドのお金

銀行
地方や各銀行によって異なるが、銀行の営業時間は月〜金の 9:30〜16:30頃までが一般的です。両替所はそれよりやや長めに営業しています。自動両替機は24時間大丈夫です。また、国際空港内の両替銀行は年中無休で営業しています。
銀行口座の開設
外国人の口座開設については各銀行で異なり、半年から1年以上ニュージーランドに滞在しないと、口座を開いてくれない銀行もあれば(その場合、短期留学でも1年滞在すると言ったほうがいいでしょう)、 パスポートを提示するだけで簡単に開いてくれる銀行もあります。また、ニ ュージーランド国籍をもってないと開設できない銀行や、外国人の開設は当座預金のみといった銀行もあります。
一般的に、口座開設の為に必要なものはパスポート、クレジットカード、国際免許証などの2種類の身分証明書。日本の銀行口座残高記録などを要求される場合もあります。ANZ Bank日本支店では日本でのニュージーランド口座開設手続きサービスを行っているので、こちらを利用するのもいいでしょう。2週間程度で開設できますが、余裕をもって1カ月程度前に申し込むのが望ましいです。ATMカードは現地渡しとなる。開設方法は、申込書にパスポートのコピーを添付して郵送します。その後、現地口座に入金するお金を手数料(口座開設手数料5,000円 と外国送金電信料4,500円)と一緒に、現地口座開設申込書を請求した支店の指定口座へ、電信扱いで振り込みます。
口座には普通預金口座と小切手口座がありますが、ニュージーランドでは家賃などの支払いに小切手が利用されることがあるので、長期滞在する場合は普通預金だけでなく、小切手口座も開設しておくといいでしょう。
クレジットカード
キャッシュレス社会のニュージーランドでは、クレジットカードの利用率が高いです。また「身分証明証としての役割を果たす」、「現金を持ち歩かずに済むことで防犯に役立つ」など、いろいろな意味において、1枚ぐらいは持っておいた方が良いと思われます。
カードの作成
ニュージーランドで発行されるクレジットカードは大きく分けて 2種類あります。1つは銀行が発行するもので、ビザカード、マスターカードがこれに当たります。もう1つはアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブなど、クレジットカード会社が発行しているものです。銀行で発行しているクレジットカードは、同じカード会社のものでも銀行により、年会費、利用額にかかる利子、無利子の期間、特典などが異なり、申請者の経済状況や使い方に合わせて選択できます。カードの申請は、各銀行およびクレジットカード会社が指定する用紙に住所、氏名、口座を持っている銀行、年収などを書き込み、 2種類の身分証明証を提示する必要があります。ちなみにニュージーランド国内でクレジットカードを作ることができるのは、国民および永住権保持者に限られているため、それ以外の人は日本で加入しておく必要があります。
チップ
ニュージーランドにはチップの風習がありません。しかし特に親切にしてもらった場合や特別なサービスに対してチップを用意するのは個人の判断に任されています。またホテルやレストランの請求料金には、サービス料金は含まれていません。
車の購入
こちらでは個人売買、カーフェア、オークション、中古車ディーラーのいずれかの方法が主な購入方法ですが、前者3つは保証なしの現状渡しが普通なので、ある程度車を見る眼が無いとハズレを引いてしまう事があります。AA(日本のJAFと同じ様なな組織)にてインスペクション(基本項目テスト)を受けると安心ですが、$75位するので、安車を買うには少々割高かも知れません。 ある程度長く乗る予定であれば$4000以上の車を買っておいたほうが安心とはこちらでもよく言われます。
レンタカー
主な大手レンタカーは「 Avis」「Hertz」「Budget」で空港や各都市に営業所があります。観光客が多い時期は現地に入ってからでは予約できない可能性が高いので、日本を出発する前に手配しておくと安心です。料金は中型車で1日あたりNZ$100程度。
タクシー
ニュージーランドのタクシーは自由化されているので、料金は 各社バラバラ。車種もベンツなどの高級車からエコノミーカーまでさまざまあり、一番高いところと安いところを比べると3倍近く料金が異なります。ですから、タクシースタンドで並んでいても、 先頭の車に乗らずに自分の気に入った車がきたらそれに乗ってください。総じて言えるのは高級ホテルの前で待っている車あるいはホテルで呼んでくれる車は料金が高め。タクシースタンド以外で客待ちしている車も高めです。
運転免許
国際免許が必要です。国際免許は日本で申請していった方がスムースでしょう。手続きは、住民票のある運転免許試験場もしくは指定警察署で行います。ニュージーランドで運転するつもりはないとしても、車を運転できないとかなり不便な場合もあり、後々必要になってくることもあります。また、現地にて代理人を通して申請することもできますが、あらかじめ確認が必要です。

ページのトップへ
初めての方へ ‖ 留学をお考えの方へ ‖ カウンセリング予約 ‖ お申し込み ‖ 会社情報

お問い合わせ ‖ サイトマップ ‖ リクルート ‖ リンク集 ‖ホームに戻る
Copyright (c) 2004-2011 DEOW all rights reserved