DEOWニュージーランド留学センター

留学先をお選びください
DEOWニュージーランド留学センター:初めての方へ DEOWニュージーランド留学センター:留学をお考えの方へ DEOWニュージーランド留学センター:カウンセリング予約 DEOWニュージーランド留学センター:無料見積もり DEOWニュージーランド留学センター:就職支援サービス
DEOWオーストラリア留学センター:専属のカウンセラーがご質問にお答えします
DEOWオーストラリア留学センター:フリーダイヤル0120-4192-09(ヨイクニオーク)
ホームに戻る
ワーキングホリデー
ワーホリについて

ワーホリってなに?ワーホリまでの流れワーホリQ&A

ワーホリってなに?

1.ワーキングホリデーというシステムについて

普通なら、海外に長期滞在するには面倒な手続きが必要になります。しかし、ワーキングホリデーなら、基本的な条件さえ満たせば簡単に申請できるようになっています。
その理由は、ワーキングホリデーは、 休暇を楽しみながら、異なる文化、生活、習慣などを体験することを通して、国際理解を深めることを目的とした 若者のための特別な制度。だからこそ、 最長1年間滞在可能で、制限つきながら、滞在資金を補う目的で、付随的に仕事をすることも認められているのです。

それによって広い国際的視野をもった若者を育て、両国間の友好関係を高めるという、2国間の国際親善的な意義をもっています。対象も18〜30歳の若者に限定されていて、同一国に対して一生に一度しか利用できません。

そんな貴重な体験であるワーキングホリデーは、自分の可能性を試し、将来の道を見つけるきっかけにもなるすばらしい制度なのです。

2.日本とワーキングホリデー

ワーキングホリデー制度は二国間の政府協定に基づいています。初めて日本がこの協定を結んだのは、オーストラリア政府との間で、1980年12月のこと。その後、ほかの国とも締結が進み、現在は、以下の7ヵ国で実施されています。

-オーストラリア

1980年12月〜

-カナダ

1986年3月〜

-韓国

1999年4月〜

-フランス

1999年12月〜

-ドイツ

2000年12月〜

-イギリス

2001年4月〜

3.ニュージーランドのワーキングホリデープログラム

制度開始:

1985年7月

ビザ発給数:

上限なし(発行数は毎年3,500〜4,000件前後)

対象者

  • 日本国籍保持者
  • 18才から30才(入国時の年齢)の独身者または子供を同伴しない既婚者
  • 申請時に、6ヵ月程度日本に居住していること

滞在期間

最長1年間

条件

  • 休暇を過ごす目的で、ニュージーランドに6ヵ月以上12ヵ月までの長期滞在を希望していること
  • 健康で、かつ犯罪歴がないこと
  • ニュージーランドを出国する航空券を出発までに購入すること
    ※ 出国先が日本以外でビザが必要な国の場合は、航空券+ビザが必要など

就学

語学学校に通えるのは3ヵ月まで

就労

同一の雇用主の下で働けるのは3ヵ月まで

申請期限

通年受け付け

申請料

無料

申請結果

通常約4週間で発給

4..ニュージーランドのワーキングホリデービザについての注意点

2004年8月1日より1年以上日本に帰国していない人は、帰国後6ヵ月程度日本に居住してからでないと、ワーキングホリデー・ビザが申請ができなくなりました。留学やほかの国のワーキングホリデーを終えて、「次はニュージーランドのワーキングホリデー」 と考えている人は要注意!


ページのトップへ
初めての方へ ‖ 留学をお考えの方へ ‖ カウンセリング予約 ‖ お申し込み ‖ 会社情報

お問い合わせ ‖ サイトマップ ‖ リクルート ‖ リンク集 ‖ホームに戻る
Copyright (c) 2004-2011 DEOW all rights reserved